雪だるまの小部屋

雪だるまの小部屋⛄️💐

インドア派貧乏女子。ヘアケア、プチプラコスメのレポ多め。たまに映画、読書も。

世界観が好きな映画

映画をよく見るので映画の記事を書こうかな。

 

少しダークで、儚くて、怪しくて、映像全体的に淡いフィルターがかかっているような雰囲気の映画がすごく好きです。

 

内容の分かりやすさや面白さより、雰囲気や世界観を楽しむタイプ。

 

文章で伝えるのは難しい、、

同じ好みの人がいたらぜひ語りあいたいです。

 

いくつかオススメを。

 

ゆれる人魚

 

1980年代のポーランドを舞台にした、人魚の姉妹の物語。

 

ホラーと恋愛とグロテスクとミュージカルが混ざったジャンル不明?の映画。

一応15禁。

 

人魚といえば絵本の人魚姫や、ディズニーのアリエルのような可愛い生き物を想像しますが、この物語の人魚のビジュアルは下半身魚というより、ウミヘビっぽい。そのグロさが良い。

 

可愛い人魚よりインパクトがあります。

ミュージカルシーンはとってもキュートですが、

それなりにグロい表現もあります。

 

可愛さと毒々しさのバランスが絶妙に良かったです。

最初と最後はホラー映画。

 

好みは分かれそうですが、私は好きな映画です。

 

溺れるナイフ

 

小松菜奈さんと菅田将暉さん主演。

都会からきた美少女と不思議な少年の青春?恋愛映画。

原作はジョージ朝倉さんの漫画です。

 

これも好みが分かれそう。

内容より、映像の雰囲気が印象的。

 

小松菜奈さんの儚さと、菅田将暉さんの透明感がすごい。美しい。妖精のよう。

 

私は好きですが、一緒に観た友達は寝てました。

原作漫画を読んでないと少し内容は分かりにくいかも。

 

とにかく綺麗な景色と綺麗な男女が楽しめます。おススメ。

 

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

 

ティムバートン監督のダークファンタジー。特異能力をもつこども達と、そのこども達の暮らす家の女主人ミス・ペレグリンの物語。

 

とにかくこども達のデザインが良い。

全体的に暗い雰囲気の映像にこども達が映える。

 

映画のタイトルには、ミス・ペレグリンとありますが、主役はこども達。

 

登場人物が多いけど、バカな私でもある程度理解できました。

 

戦うシーンもありますが、やはり主役はこども達なのでどこかポップさがあります。

 

まるで絵本を読んでいるような気分で楽しめます。

 

マリー・アントワネット

 

映像が可愛い映画といえばこれ。

マリーアントワネットが嫁いでから、亡命するまでの物語。

 

とにかくでてくるもの全てがガーリー。可愛い。全部可愛い。

夢みる女の子が一度は妄想するであろう世界観。

全画面スクショしたくなる。

可愛いが詰め込まれてる。

 

可愛いだけじゃなくマリーアントワネットの苦悩もちゃんと内容にあります。

これは観るべき。

可愛いから。

 

 

私改めて語彙力ないですね。

作品の良さを表せない。

 

4作品ともすごくときめく世界観なので、語らせてもらいました。

 

おやすみなさい