雪だるまの小部屋

雪だるまの小部屋⛄️💐

インドア派貧乏女子。ヘアケア、プチプラコスメのレポ多め。たまに映画、読書も。

微妙だった映画の話

 

今日は気分で、あえて微妙だった映画の記事にします。

 

面白かったのは語彙力と文章力が足りないので後日時間がある時にまとめる予定。

 

個人的微妙映画その1。

 

ビリギャル

 

一時期すごくブームでしたね。

本は読んでいないのですが、映画は見ました。

大学受験を体験していない私には何にも入ってこなかった、、、

 

主人公が慶応目指す明確な理由がよくわからない。

なんで急に慶応目指してるの?

慶応行ってどうするの?

学力そんな上がる?

 

動機がよくわからないし主人公が急に変わりすぎて意味がわかりませんでした。

 

このへんは本読めばわかるのかな?

 

CMのギャル姿の有村架純が可愛くて思わず見たけど、本編はあんまりギャル姿じゃなかった。

 

有村架純の顔面だけはひたすらに可愛かった。

 

大学受験してたら感情移入するのかしらこの話。

わからないわ私には。

 

個人的には微妙でした。

 

個人的微妙映画その2。

 

ハリウッド版デスノート

 

これも有名ですよね。

どうしてこうなったのか。

むしろ逆に面白い。シュールと言うのでしょうか。

原作漫画と日本の映画を知らなかったらまだ楽しめるかもしれない。

いや、まず、Lの設定。

Lそうきたか。面白いけど。

Lはそういう行動はしないんじゃないか。

キラとLの頭脳戦とは。

ツッコミどころは満載。

ギャグなのか本気なのか。

 

面白かったか、微妙だったかの二択なら微妙に感じました。

 

 

微妙映画その3。

 

サイレン 〜FORBIDDEN SIREN

 

これはホラー映画ですね。

個人的には、海外のパニックホラー作品より日本のホラー作品の方が怖いと思ってるのですが、この作品はあんまり怖くなかったです。

もう一度言います。あんまり怖くなかった。

 

何より、キャストにココリコの田中さんが出演してるので、どうしてもガキ使が頭に浮かんできてホラーに集中できなくなりました。

田中さんは何も悪くないのに、彼を見るたび、脳内でガキ使がはじまり、ダウンタウンのことを思い出してしまう。

脳内に松っちゃんと浜ちゃんが降臨して、そのままその関連でスベらない話とか面白いことを考えてしまう。

最終的には昔浜ちゃんがきゃりーぱみゅぱみゅの真似して歌ってた曲、なんでやねんねんが流れ出すからもう何も怖くなくなってしまう。

 

所々ちょっとびっくりするシーンはあるけど、まあそんなに怖くないかな、、

 

すごい怖いと期待してみたら拍子抜けするレベルの怖さだと思います。

 

恐怖感よりお笑い芸人に集中力持っていかれてしまう、ある意味恐ろしい映画でした。

 

個人的微妙映画の感想でした。

映画を見ると色々感じることがあるのでまだまだ映画が見たい!

 

なにか面白いのないかなー

 

ではおやすみなさい。